/

ブリヂストン、自社製マスクを社外提供 工場立地先に

ブリヂストンは5月1日、自社で生産する簡易マスクを工場が立地する自治体に提供すると発表した。素材は自動車用シートパッドなど向けのウレタンを使って作られたマスクで、4月からグループ会社の拠点で週10万枚の生産を始めていた。当初はグループ内で利用するとしていたが、量が一定程度確保できたため、5月中旬から外部提供を始める。

同社のタイヤや化工品工場などがある栃木県那須塩原市や東京都小平市など全17自治体に、合計で30万枚を提供する予定だ。医療従事者向けではなく、一般の人が飛沫を防ぐために使うもので、高齢者施設などでの利用を想定しているという。

ブリヂストンは2017年まで半導体工場のクリーンルーム内などで使うための業務用マスクを生産した経験があり、そのノウハウを活用してマスクを生産している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン