手作りマスク、500円で買い取り 熊本の金融機関など

2020/5/1 15:37
保存
共有
印刷
その他

所定の型紙を使って作成した布マスクを買い取る

所定の型紙を使って作成した布マスクを買い取る

熊本県内の金融機関と経済団体は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が減少した県民を支援するため、手作りの布マスクを1枚500円で買い取るプロジェクトを始める。参加できるのは県内在住の18歳以上の個人で、8日から6月30日まで受け付ける。買い取り目標は1万6千枚。買い取ったマスクは、希望する県内の事業者や個人に無料で提供する。

手作りマスクの買い取りを発表する肥後銀行の笠原慶久頭取ら(左、熊本市)

手作りマスクの買い取りを発表する肥後銀行の笠原慶久頭取ら(左、熊本市)

10枚1組を2組から受け付け、1人当たりの上限は20組(200枚)。検品後、2週間程度で指定口座に代金を振り込む。作製に使う型紙や買い取り依頼書は熊本キワニスクラブのホームページから取得できる。

マスクの買い取りは肥後銀行や熊本銀行、熊本県中小企業団体中央会など県内9つの金融機関・経済団体で組織する「熊本地域金融・経済懇話会」が実施。県や熊本市、九州財務局などが後援する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]