/

この記事は会員限定です

ゲノムが語る日本人 酒の弱さは進化の結果?

[有料会員限定]

日本人とは何か。遺伝子解析技術や人工知能(AI)の進歩が「日本人らしさ」を次々と解き明かしている。酒に弱くなるように進化していった姿が浮き彫りになったほか、日本人でも本州型や沖縄型など多様な集団に分かれる可能性がわかってきた。

下戸の人が多いとされる日本人だが、進化の結果だった。大阪大学の岡田随象教授らが1月発行の英科学誌で明らかにした。

17万人の日本人のゲノムを解析し、過去1万~2万年の間に周...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン