/

この記事は会員限定です

大分知事「感染症対応も広域連携で」新型コロナ受け

コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

[有料会員限定]

大分県の広瀬勝貞知事は日本経済新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのような感染症発生時も各県が広域で連携することが重要だと述べた。経済対策は国や県の補正予算で当面必要なメニューがそろったとし、支援資金を早く手元に届けることが大事だと説く。地域経済をV字回復させるためには、通信網や高速交通網の整備が有効だとの認識も示した。

――県内経済の現状をどう見ていますか。

「あらゆる業種が厳しい状況に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン