/

この記事は会員限定です

シラス、甘くてプリプリ

彩時季

[有料会員限定]

シラスが旬を迎えた。小さく透き通った体にうま味と栄養をたっぷり含んだ稚魚の総称だ。5月から関西や静岡県で漁が本格化する。今年は昨年より漁獲量が多く豊洲市場(東京・江東)の卸値は前年より3割安い。

シラスをつぶさに見ると、顔つきが異なる。口先がツンととがった魚はウルメイワシ、下顎が突き出たのがマイワシで、丸顔はカタクチイワシの稚魚だ。季節や海域によって、水揚げされる稚魚の構成は変わる。透明な生シラス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン