病院船、実現なるか 受注争奪戦が映す造船業界の苦悩

2020/5/5 9:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で日本の病床不足が現実味を帯びる中、世界で注目されている「病院船」の導入議論が日本でも動き始めた。政府は7000万円を計上して病院船の活用を調査する方針だ。これまでも幾度となく議論されてきたが、新型コロナで再び導入の機運が高まっている。船舶の受注不足にあえぐ造船会社は病院船の建造を何とか受注しようと、水面下の戦いを繰り広げている。

■省庁詣でが活発化

「うちの船種ならこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]