国連総長、気候変動対策の後退に危機感 新型コロナ優先で

2020/5/1 6:43
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】国連のグテレス事務総長は30日、新型コロナウイルス感染拡大で各国の気候変動問題への取り組みが後回しになっていることについて、「温暖化ガスの排出量低下などに向けた努力に遅れが出てはいけない」と危機感を示した。新型コロナ収束後の「経済再生には気候変動対策が不可欠だ」と訴えた。

世界気象機関(WMO)は新型コロナの影響による経済活動停滞で2020年の排出量は前年比6%低下する…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]