/

ロシア首相が新型コロナ感染、テレビ会議で報告

(更新)

【モスクワ=小川知世】ロシア大統領府は30日、ミシュスチン首相が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同氏がプーチン大統領とのテレビ会議で報告した。ミシュスチン氏は医療施設で隔離措置に入り、ベロウソフ第1副首相が代行を務める。新型コロナの経済対策などを主導したミシュスチン氏の感染で、政府の機能不全に懸念が広がる可能性もある。

ロシアでは感染者が30日に10万人を超え、前日比で過去最多の約7千人増加した。ロシア政界の要人で感染が判明したのは初めて。ミシュスチン氏はプーチン氏に「政府は通常通り活動を続ける」と述べ、同氏や閣僚らと連絡をとり続けると説明した。

プーチン氏は「あなたの意見なしに最終決定は下されない」と応じ、経済対策などの協議への参加に期待した。プーチン氏は4月以降、テレビ会議を全面的に活用しており、閣僚らとの接触を避けている。

ミシュスチン氏は1月に内閣総辞職したメドベージェフ前首相の後任として、プーチン氏に抜てきされた。感染が明らかになる直前にもプーチン大統領や閣僚とテレビ会議で経済対策を議論していた。プーチン氏への報告の中で、ミシュスチン氏は「感染にできる限り注意してほしい」と国民に外出制限を守るように呼びかけた。

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません