「祝日大移動」が常態化 五輪延期、21年も変則的に

2020/5/1 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪・パラリンピックの1年延期で2021年は20年に続いて変則的なカレンダーになる。交通機関の混乱を避けるため3つの祝日を開会や閉会にあたる時期に集めて連休をつくる。祝休日が特殊な並びになるのは天皇陛下の即位があった19年から3年連続だ。歴史をみると「祝日の大移動」が徐々に常態化してきた流れが浮かび上がる。

「1年延期するので21年も特例で祝日を動かす必要がありますね」。自民党の遠藤利明元五…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]