/

ホンダ、米国で人工呼吸器コンプレッサー生産 月1万個

【ニューヨーク=中山修志】ホンダは30日、米国で人工呼吸器の主要部品であるコンプレッサーの生産を始めたと発表した。米医療機器部品メーカーのダイナフローと協力して月間1万個を生産し、医療機器メーカーに納入する。ホンダの生産技術を移植して部品メーカーの生産能力も増強する。米国では新型コロナウイルスの感染拡大により人工呼吸器の増産が急務になっている。

中西部オハイオ州のホンダの技術研修センターに設備を設置し、週に2000個のコンプレッサーを生産する。ペンシルベニア州のダイナフローの工場にも機器や生産ノウハウを提供し、同社の生産能力を週75個から3倍強の250個に引き上げた。

大手自動車メーカーでは、米ゼネラル・モーターズ(GM)や米フォード・モーターが自社の部品工場で人工呼吸器を生産している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン