3月の米PCE物価、上昇率0.5ポイント縮小 1.3%に

2020/4/30 22:15
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が30日発表した3月の個人消費支出(PCE)統計によると、米連邦準備理事会(FRB)が政策判断で重視するPCE物価指数は、前年同月比1.3%上昇に鈍化した。エネルギー価格の下落が全体を押し下げ、伸び率は前月から0.5ポイント縮小した。

新型コロナウイルスの影響で3月の米個人消費は大きく減った(米カリフォルニア州のスーパー)=ロイター

変動の激しい食品とエネルギーを除くコア指数は1.7%の上昇で、伸び率は0.1ポイント縮小した。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(1.6%程度)は上回った。

前月比ベースでは、物価指数は0.3%低下し、コア指数も0.1%低下した。

一方、同時に発表されたPCE(季節調整済み、年率換算)は、前月比7.5%減少し、統計開始の1959年以来過去最大の下げ幅となった。新型コロナウイルスによる経済封鎖と雇用減で消費が急減したことを示した。個人所得は2.0%減少した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]