/

大阪市長「5月11日の再開困難」 市立の休校延長へ

大阪市の松井一郎市長は30日、新型コロナウイルスの感染拡大で5月10日まで休校延長した市立小中学校・幼稚園について、同月11日の授業再開は困難との見方を示した。今後、府内の感染状況や政府の動向などを踏まえ、さらなる延長を正式に決定する。

松井氏は始業や入学の9月移行について「社会が止まっている間に9月新学期を決めて、経済界や自治体も仕組みを整えれば間に合うと思う」と述べ、政府に制度変更を求めた。

学校再開時期を巡り、大阪府はゴールデンウイーク(GW)明けやGW1カ月後、1学期終了以降など5つのパターンを想定。授業時間数を確保するための対応策をそれぞれ示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン