後任会長、断られ続け…東電の川村氏退任、苦渋の空席

2020/4/30 19:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスは30日、原発事故で経営危機の東電を監督する会長職を6月から空席にすると発表した。日立製作所出身の川村隆会長(80)が高齢を理由に退任するのに伴い後任を探したが、有力候補者に断られ続けた。民主党政権時の2012年から3代続いた外部会長が途切れる。原発再編など重要課題を抱えるなか、新体制は難路が予想される。

「東電の会長をやりたいという人が誰もいないということだ」。会長を空…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]