/

手話通訳者の顔にシールド 記者会見、コロナ対応

首相官邸で30日午前開かれた菅義偉官房長官の記者会見から、同席した手話通訳者が新型コロナウイルスの感染防止のため、顔を覆う透明なフェースシールドの着用を始めた。聴覚障害がある人は、通訳者の手だけでなく口の動きや表情で読み取るため、これまで手話通訳者はマスクを着用していなかった。

フェースシールドを着用して菅官房長官の記者会見に立つ手話通訳士(30日午前、首相官邸)

フェースシールドは公明党の山口那津男代表が29日、杉田和博官房副長官に200枚寄贈した。菅氏は30日の会見で「感染拡大防止に全力で取り組む中での一環だ」と述べた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン