/

ペッパーフード、6月に新会社

ペッパーフードサービスは30日、ステーキ店「ペッパーランチ」の運営部門を分社化し、6月1日付で新会社「JP(ジェイピー)」を設立すると発表した。本体と切り離すことで意思決定を早めるとともに、資金調達を円滑化させる狙いがある。

新会社は株主総会の承認がいらない「簡易新設分割」で設立する。資本金は1000万円。本社は東京都墨田区のペッパーフードの本社内に置き、同社の一瀬邦夫社長が代表に就く。

ペッパーフードは主力のステーキ店「いきなり!ステーキ」の運営などに専念する。いきなりステーキは競争激化などで既存店売上高の減少が続き、2019年12月期の連結最終損益は27億円の赤字だった。分社化を通じて経費を削減し、財務の立て直しを図る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン