/

この記事は会員限定です

記者座談会 証券営業、対面自粛で崖っぷち

NIKKEI Financial取材チーム

[有料会員限定]

証券業界が苦境に立たされている。政府の緊急事態宣言で野村証券や大和証券などの大手は対面営業ができず、主力の個人向け業務は落ち込みが避けられない。個人投資家の関心は「今すぐ上がりそうな米国株」に向かい、投資信託を通じた息の長い「長期の資産形成」というお題目もかすむ。コロナ禍の中で証券営業の最前線では何が起きているのか。業界を担当する記者たちが最新の状況を語った。

在宅勤務中に顧客が激怒

デスク 大手証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン