コロナ禍、関西鉄道各社を直撃 JR西は1~3月赤字に
融資枠拡大や社債発行で資金繰り急ぐ

2020/4/30 18:18 (2020/4/30 19:25更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍が関西の鉄道各社を直撃している。JR西日本は30日、2020年3月期の連結純利益が前の期比13%減の893億円となったと発表。増益予想から一転し減益となった。4月も山陽新幹線や南海電気鉄道の特急「ラピート」で乗客数が前年より8割以上減少。グループのホテルや商業施設も休業を余儀なくされている。各社は社債の発行など資金繰り対策を急ぐ。

JR西の20年1~3月期の営業損益は305億円の赤字だっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]