同窓会もオンラインで 幹事代行の笑屋が新サービス

2020/4/30 17:50
保存
共有
印刷
その他

同窓会幹事代行の笑屋(東京・千代田)はオンラインで同窓会を開けるサービスを始めた。同社のプランナーが同窓会の幹事と電話やメールでプログラムなどを調整し、ウェブ会議システムの「Whereby(ウエアバイ)」で同窓会を開く。新型コロナウイルスの影響で同窓会も延期が相次いでいる。ウェブで開催できるようにして需要の取り込みを図る。

価格は参加人数によって異なり、全体で税別1万~5万円。通常は参加者1人当たりで7000~8000円程度かかるため、開催費用を大幅に抑えられる。申し込みから早ければ2~3日で開催可能だ。71~200人の参加プランのみウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用できる。

同社が同窓会の専用サイトを制作し、同窓会の参加者はサイトから日程やプログラム、参加方法などを確認する。開催時には全体での通話のほかにも、クラスや部活などの少人数で通話ルームを確保できる。

同社は年間550件の同窓会の代行サービスを手掛けている。新型コロナの影響で100件以上が延期になっているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]