/

この記事は会員限定です

南シナ海に再び緊張 中国、コロナ危機下に動き活発化

Nikkei Asian Reviewから

[有料会員限定]

【マニラ=クリフ・ベンゾン】世界が新型コロナウイルスの対応に追われるなか、中国が周辺国と領有権を争う南シナ海での動きを活発化させている。4月に入り艦船の展開が目立つほか、同地域に新たな行政区を設けることを発表した。「新型コロナによる危機を悪用している」などと非難の声が上がり、緊張感が高まっている。

2月17日、新型コロナが世界で猛威を振るうなかで事件は起きた。フィリピンが実効支配する南沙諸島コモー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン