南シナ海に再び緊張 中国、コロナ危機下に動き活発化
Nikkei Asian Reviewから

2020/4/30 17:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=クリフ・ベンゾン】世界が新型コロナウイルスの対応に追われるなか、中国が周辺国と領有権を争う南シナ海での動きを活発化させている。4月に入り艦船の展開が目立つほか、同地域に新たな行政区を設けることを発表した。「新型コロナによる危機を悪用している」などと非難の声が上がり、緊張感が高まっている。

2月17日、新型コロナが世界で猛威を振るうなかで事件は起きた。フィリピンが実効支配する南沙諸島コモ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]