/

天童木工、「腐りにくい」屋外用木製品 初の認証

高級家具製造の天童木工(山形県天童市)は屋外用木製品について優良木質建材の認証(AQ認証)を取得した。これまで統一された基準がなく、同社が認証機関に基準を設けるよう提案。新設された基準に基づき取得した。家具には不向きとされる針葉樹に防腐処理をすることで国産材の有効利用を目指しており、認証取得で販路を広げる。

都内の有名なカフェに設置された天童木工の屋外用家具

対象は薄い板を張り合わせる独自のロールプレスウッドと圧密浸漬処理を組み合わせた木製品。風雨にさらされる屋外に置いてもほとんど腐らないが、第三者機関の基準がなかった。そこで、公益財団法人日本住宅・木材技術センターに品質性能評価を求め、3年がかりで実現したという。

屋外に2年間置いてもほとんど傷みがないという天童木工の屋外用家具

屋外用の木製家具は2018年に発売し、JR山手線の高輪ゲートウェイ駅ホームにベンチが設置されるなど注目を集めている。価格は通常より3~5割高くなるが、需要拡大が課題となっているスギやヒノキといった地域の木材を利用できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン