/

セントケア、取締役月額報酬1割以上を自主返上

介護大手のセントケア・ホールディングは30日、取締役が月額報酬の1割以上を自主返上すると発表した。対象は社外取締役を含めた9人で、5月分から2カ月間実施する。新型コロナウイルスの感染拡大で、行政から事業の縮小や休業を要請された場合を想定した。事業を継続するために財務上の余裕を確保する。

村上美晴会長は報酬の3割、藤間和敏社長は2割、その他の社外取締役を含む取締役は15%を返上する。返上される合計金額は非開示。7月以降についてはその時点での事業環境を踏まえて、自主返上を続けるかを決める。

介護事業は現状、サービス提供を続けているが、行政から休業や縮小の要請がある場合を想定して決めた。現時点で明確に資金の使い道は決めていないが、従業員への手当なども含めて、事業を継続するための資金に充てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン