人間社会の深淵覗き込む 小谷真理氏が選ぶ3冊
罪人の選択 貴志祐介著

読書
2020/5/7 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

目の前に置かれた2つの食品。片方だけが毒入り。どちらかを食べねばならないとしたら、どうするか? そんな究極の選択を迫る表題作は、極上の頭脳プレイが展開する。

敗戦直後と東京オリンピックという2つの時代、同じ廃屋で、2つの復讐(ふくしゅう)劇が絶妙に絡み合いながら進行する。手に汗握るやり取りは緊張感に貫かれ、読む者をつかんで放さない。

この他、異生物の意識を描く「夜の記憶」、禍津神(まがつかみ)信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]