緊急事態宣言解除「厳しい状況」 首相
1日に専門家会議開催

2020/4/30 17:00
保存
共有
印刷
その他

参院予算委で答弁する安倍首相(30日)

参院予算委で答弁する安倍首相(30日)

安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除を巡り「医療現場は大変、過酷な状況だ。依然厳しい状況が続いている」と述べた。政府は5月6日の期限を延長する方針だ。1日の専門家会議の意見や感染状況を見極めて、4日ごろに最終判断する。

首相は国民や企業、地方自治体の混乱を避けるため、前もって方向性を示す考えも示した。30日の参院予算委では「ぎりぎりではなく、その前に決めたい」と語った。

1日の専門家会議後の意見を受け「基本的対処方針等諮問委員会」に首相が延長を諮問する。同委は4日ごろに開く見通しだ。同委が延長を妥当だと判断すれば政府が国会に報告する。同日中に政府対策本部を開き、宣言の期間や区域を正式決定して公示する。宣言の対象は全国のまま、1カ月程度延ばす案が軸だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]