感染防止と経済対策は両立する 渡辺安虎氏
東大教授

2020/5/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えながら、いかにして経済への負の影響を最小限にとどめるか。焦眉の課題について様々な議論が交わされている。その際によく見かけるのが次の仮定である。感染防止と経済活動はトレードオフ、つまり「あちらを立てればこちらは立たない」関係にあるというものだ。

外出の自粛など感染防止対策を強化すると、飲食業などの売り上げや雇用に悪影響が及ぶ。逆に経済を重視して感染対策を弱めれば、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]