/

この記事は会員限定です

マルーンの風、阪急電鉄(2) 女性や子どもに早く着目

鉄道 地域と走る

[有料会員限定]

「……住宅街は……小豆色で統一された電車の姿や機能と相俟(ま)って、長い長い立体的で緑色の休息地――これまでの日本にはまだなかった、何と名付けてよいかわからない匂いのいい世界を、この地上にかたちづくって来たように思われる」。芥川賞作家で童謡「サッちゃん」などを作詞した阪田寛夫は著書「わが小林一三」で、阪急沿線をこう形容した。

東京・日本橋出身で関東大震災後に阪急神戸線の夙川や岡本周辺に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2167文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン