/

この記事は会員限定です

日本電産、今期純利益6割増 EVやHDD向け拡大

コロナショック後を占う「強気」予想

[有料会員限定]

コロナショック後の急回復はあるのか。日本電産が30日発表した2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)は前期比66%増の1000億円になる見通しだった。4月に中国の生産拠点の稼働率はコロナ前の水準を回復し、電気自動車(EV)関連やハードディスク駆動装置(HDD)用モーターの受注が旺盛なためだ。

売上高は2%減の1兆5000億円を見込む。これまで掲げていた21年3月期に売上高2兆円の目標達成は数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません