日常の由布院 JR九州会長 唐池恒二

2020/5/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

わが国の温泉湧出量ランキングの1位が別府、2位が由布院となっている。

1位は、江戸後期から湯治場として栄え、明治以降飛躍的に発展し、「東の熱海、西の別府」と謳(うた)われるまでに観光客の湧出数の多さを誇った。高度成長期の終焉(しゅうえん)とともに両温泉とも停滞期に入った(ちなみに、今は両温泉とも復活を遂げている)。

2位は、隣の1位が大賑(にぎ)わいのころ田んぼだらけの片田舎で、通りも閑散として…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]