/

この記事は会員限定です

グーグルが説く「バタフライ・サーキット」とは

[有料会員限定]

スマートフォンが普及した現代では、日々のちょっと気になったことを即座に検索できるようになった。その影響により、スマホを操作しているときに、突発的に「買いたい気持ち(パルス)」が高まって商材を検索し、それを発見した瞬間に購入の意思を固めるといった消費行動、すなわち「パルス消費」が消費者の間で見られるようになってきた。

米グーグルの日本法人グーグル(東京・渋谷)はパルス消費の実態をより深く探るべく20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン