GO TOKYO

フォローする

フェンシング見延「延期は追い風」 金メダルめざす

2020/4/30 16:00
保存
共有
印刷
その他

フェンシングの世界ランキングで昨季、日本選手として初めて年間1位になった男子エペの見延和靖(32、ネクサス)が、来夏に延期された東京五輪に向けて気持ちを新たにしている。「経験がものをいう種目でベテランには追い風になる。どれだけ多くの引き出しを持っているかがキーポイント」と受け止め、改めて個人と団体の金メダル獲得を目標に掲げる。

オンラインで報道陣の合同取材に応じるフェンシング男子エペの見延(4月28日)=スポーツビズ提供

オンラインで報道陣の合同取材に応じるフェンシング男子エペの見延(4月28日)=スポーツビズ提供

見延はこのほど、オンラインで報道陣の取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で3月に海外遠征から帰国して自宅待機が続き、練習拠点とする東京・西が丘の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)も4月上旬に閉鎖された。

満足に体を動かせない限られた環境の中でも「剣を持つ感覚だけは忘れないように」と、自宅で的を作って突く練習を実践しているという。1年延期が現実となって「いろいろ悩み、葛藤もした」が、焦ることなく中断している試合の再開を待っている。

東京五輪の選考レースは団体、個人とも1試合を残して中断された。ワールドカップ1大会を残す団体について「持っている力を存分に出して一丸となって勝ち取りたい」。メンバーとは今も毎朝、体温や体調を報告し合いコミュニケーションを取っているという。

日本のエースは日本協会の選手会長も務めている。「今は我慢するところ。できることをやっていこう」と各選手に呼びかける。2024年パリ、28年ロサンゼルスの両五輪も視野に入れる見延が目指すのは「誰も到達したことがない世界最強のフェンサー」。この困難もプラスに捉え、乗り越えようとしている。(渡辺岳史)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ブノワHC(左)の信念と言葉に導かれ、脇本は世界トップクラスへ駆け上がった(More CADENCE提供)

 6月に和歌山競輪場で行われた高松宮記念杯は、脇本雄太(31、日本競輪選手会)の独壇場だった。トップ選手がそろうG1の全4レースを圧勝。通算賞金は6億円を超えた。デビュー13年目で突出した成績を出せる …続き (8/8)

自転車トラック種目世界選手権の男子ケイリン決勝で2位に入った脇本雄太(中央)。右は優勝したオランダのラブレイセン(2月、ベルリン)=共同共同

 自転車トラック短距離のケイリンは日本発祥でありながら、五輪で金メダルを獲得した日本選手はまだいない。スピードと駆け引きが魅力の花形レースで脇本雄太(31、日本競輪選手会)は今、世界の頂点に最も近い選 …続き (8/8)

紅白戦でサーブを打つ高橋(奥)。2月、今年の代表登録選手に高校生で唯一選ばれた(日本バレーボール協会提供)日本バレーボール協会提供


 2021年夏の東京五輪に向けて再始動したバレーボール男子日本代表で、期待の新星が早くも存在感を示している。1月の全日本高校選手権(春高バレー)を制した京都・東山高出身のアタッカー、高橋藍(らん、日体 …続き (8/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]