/

この記事は会員限定です

公共事業、1割弱がコロナで中断 国が追加費用負担へ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公共事業全体の1割弱にあたる約1120件について受注者が事業の一時中止を申し入れたことが分かった。国は工期の延長に伴う追加費用の支払いに応じる考えで、災害復旧工事の規模縮小を容認する考えも示している。道路などインフラ整備に影響が出る可能性がある。

国土交通省の4月23日時点の集計によると、中断の申し入れがあった公共事業は「工事」が250件、設計や測量、地質調査と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン