/

米GDP4.8%減 1~3月、11年ぶり低水準

【ワシントン=河浪武史】米商務省が29日発表した1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、前期比年率換算で4.8%減少した。新型コロナウイルスで3月半ばから経済活動が制限され、約11年ぶりの大幅なマイナス成長となった。4~6月期は戦後最悪の2桁のマイナス成長が予測され、企業倒産や失業の一段の回避策が求められる。

四半期ベースでマイナス成長に転落するのは、2014年1~3月期(1.1%減)以来だ。マイナス幅は金融危機だった08年10~12月期(8.4%)以来の大きさとなった。米景気は09年7月以降、過去最長の拡大局面にあったが、10年半で途切れそうだ。

GDPの7割を占める個人消費は前期比年率換算で7.6%減となった。自動車など耐久財消費が16.1%減と落ち込んだ。設備投資も8.6%減と4四半期連続のマイナスだ。貿易戦争による企業心理の悪化が回復しないままコロナショックが直撃した。輸入は15.3%減、輸出も8.7%減となった。

景気は4月以降にさらに悪化している。米議会予算局(CBO)は4~6月期のGDPが前期比11.8%減、年率換算なら39.6%のマイナスと予測する。4%台だった失業率も戦後で最悪となる15%前後に達しそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン