雇用調整助成金、申請後押し 社労士の連帯責任解除

2020/4/29 23:00 (2020/4/30 5:22更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は企業が支払う休業手当に国が資金支援する雇用調整助成金を巡り、企業の申請書類に偽りなどがあった場合に社会保険労務士にも連帯責任が課される規定を特例的に解除する方向で検討に入った。休業に追い込まれた外食・サービスなど小規模企業の多くは法定書類を作っておらず、罰則を恐れる社労士が二の足を踏み、申請の壁になっているためだ。

雇調金は雇用を維持しながら従業員に休業手当を支払う企業を資金支援する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]