SDGsで地方創生 政策導入の自治体まだ13%

2020/5/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)を政策に取り入れる自治体が増えている。政府は2020年度からの地方創生第2期戦略で、SDGsを「原動力」と位置づけ、SDGsに取り組む自治体の割合を19年度の13%から、24年度に60%に高める目標を掲げた。自治体版SDGsのカギを握るのが官民連携と民間資金の導入だ。各地で模索が続いている。

「SDGsアクションで新型コロナウイルス感染症を乗り越えよう」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]