非常時には非常の手段 ノンフィクション作家 堀川惠子

エッセー
2020/5/12 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

数年前、わが家の庭にバラの木を植えたのは、犬養毅(木堂(ぼくどう))の評伝を書くためだった。漢籍に通じる木堂は、書家として高名だ。それが意外にもバラ栽培という西洋趣味があったと知り、ちょっと驚いた。

木堂は農夫のごとく土を耕し、馬糞(ばふん)を鋤(す)きこみ、木に虫がつけばせっせと消毒もした。孫によれば、その手は「お百姓のようだった」という。だが当時は珍しいバラ栽培に、なぜ興味をもったのだろう。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]