投資家が求める「コロナ後」のシナリオ(NY特急便)
米州総局 中山修志

2020/4/29 5:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は32ドル安と5営業日ぶりに小幅反落した。米国の段階的な経済再開への期待から朝方は300ドル強上昇して始まったが、企業決算での各社の慎重な見通しを受け、午後にかけて上げ幅を消した。

今週から大手製造業の決算発表が本格化し、28日は建機大手のキャタピラーや事務機器のゼロックスが1~3月期業績を開示した。新型コロナウイルスの足元業績への影響は業種によってばらつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]