ロシア、外出制限5月中旬まで延長 コロナ感染増続く

2020/4/29 2:12
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、30日までとしていた外出制限を5月11日まで延長すると発表した。感染者は9万3000人超と中国やイランを上回り、増加に歯止めがかかっていない。3月末から続く外出制限で経済への打撃にも懸念が強まっており、制限の緩和に向けた計画の策定も指示した。

28日に開いた地方首長らとのテレビ会議で表明した。プーチン氏は「感染拡大との闘いの最も厳しい段階にある」と述べ、外出を制限する「非労働期間」を続ける必要性を強調した。各地方が状況に応じて、5月12日以降の段階的な外出制限の緩和に向けた計画を準備する。企業や国民に対する追加の支援策をまとめることも政府に命じた。

ロシアの感染者は28日までに9万3558人と前日から過去最多の6411人増えた。死者は867人。検査数は313万件で、政府は積極的な検査の実施が増加の一因としている。感染対策として3月末からを「非労働期間」とし、モスクワなど全国各地で厳しい外出制限が続いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]