/

インターステラが打ち上げ延期、大樹町の要請に応じる

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)は28日、5月2日に予定していた小型観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げを延期すると発表した。観覧者が多数訪れることで新型コロナウイルスの感染拡大につながりかねないと懸念する同町から延期を要請されていた。

同社は当初、見学席などを設けない無観客での打ち上げを予定していた。創業者で実業家の堀江貴文氏は同日、ツイッターで「一町民として失望したので住民票抜きます」と不満を表明した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン