/

埼玉県秩父市、1週間内にスピード小口融資 枠3億円

埼玉県秩父市は金融機関と連携し、新型コロナウイルスの影響で経営が厳しい市内の中小企業や個人事業主向けに、融資枠3億円の緊急小口融資制度を創設する。申請から融資決定まで時間がかかる国や県の制度融資を補い数日程度でのスピード融資が可能な仕組みを整える。今年度の専決補正予算に1億5千万円を計上する方針。

「中小事業者緊急融資事業」は市内に本社がある中小企業のほか事務所や店舗を構える個人事業主が対象。主に新型コロナで打撃を受けた事業者を想定するが、申請条件は特に設けない。融資額は100万円以下、利率は年1.1%。最低限の審査を経て早ければ申請から3日、遅くとも1週間以内に融資する。

貸し倒れが出た場合、市と金融機関で損失負担を折半する。市の担当者は「国や県の融資決定を待つ余裕がない事業者に使ってほしい」とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン