オリンパス、「適所適材」で高度プロ集団つくる

2020/4/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オリンパスがジョブ(職務)型の人事制度の導入に力を入れている。それぞれの職務の内容を明確に定義し、責任と権限に見合う報酬を与える。まずは2019年度に国内の管理職約1800人を対象に導入した。今後は一般社員に広げることも検討する。世界の医療機器大手と競う「グローバルメドテックカンパニー」(竹内康雄社長)を目指し、世界基準の人事制度へとかじを切る。

ジョブ型人事制度を拡充

 「本当に必要なポジション…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]