/

米スタートアップ投資、コロナで進む「選別と集中」

植物肉のインポッシブル・フーズは1~3月期の米スタートアップの資金調達額で上位に入った=ロイター
CBINSIGHTS
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、米国のスタートアップ投資の選別傾向が強まっている。CBインサイツなどの調べによると、2020年1~3月期のスタートアップ企業の資金調達は、件数では減ったものの、金額では引き続き堅調だった。1回の調達額が1億ドル以上の「メガラウンド」が増えており、投資マネーは一部の有望スタートアップ企業に集中している。
日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに投資するベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米CBインサイツ(ニューヨーク)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップ企業やテクノロジーに関するリポートを日本語に翻訳し、日経電子版に週2回掲載しています。

1~3月期にはベンチャーキャピタル(VC)から出資を受ける米スタートアップ企業の資金調達件数は前四半期よりも減ったが、メガラウンドが増えたことから、調達額は引き続き堅調だった。

1~3月期の米スタートアップの資金調達件数は1271件で、前年同期比16%減、前四半期比9%減だった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が響き、調達件数は3四半期連続で減少した。

米スタートアップの資金調達件数、3四半期連続で減少 (米スタートアップの四半期ごとの資金調達件数と調達額) 出所:プライスウォーターハウスクーパース(PwC)/CBインサイツ「マネーツリー・リポート2020年1~3月期」

一方、1~3月期の資金調達額は前四半期比14%増の264億ドルだった。メガラウンドが増えたことが寄与した。

1~3月期のメガラウンドは58件で、前四半期比50%近く増えた。メガラウンドは1~3月期の資金調達額全体の45%を占めた。

20年1~3月期、メガラウンドが急増 (メガラウンドの件数と調達額) 出所:プライスウォーターハウスクーパース(PwC)/CBインサイツ「マネーツリー・リポート2020年1~3月期」

1~3月期の米スタートアップによる資金調達で調達額が最も多かったのは、電子たばこメーカーのジュール・ラブズ(Juul Labs)による案件(調達額7億ドル)で、空飛ぶタクシーの開発を手がけるジョビー・アビエーション(Joby Aviation)のシリーズC(5億9000万ドル)、植物肉のインポッシブル・フーズ(Impossible Foods)によるシリーズF(5億ドル)などが続いた。

もっとも、1~3月の調達額上位5件のうち、3月に実施されたのはインポッシブル・フーズのシリーズFとバイオテックのライエル・イミュノファーマ(Lyell Immunopharma)によるシリーズC(4億9300万ドル)の2件だった。4~6月期の資金調達活動が新型コロナの影響で低迷する可能性があることを示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン