/

この記事は会員限定です

地銀が次世代システム 金融庁、静岡銀などモデルに

[有料会員限定]

地方銀行で決済業務などを担う基幹システムが次世代型に移行する。現行システムは複雑化して維持費用が膨らみ、新機能の追加にも手間がかかっていた。金融庁は静岡銀行をはじめ年内に複数のモデル行を選び、インターネットでの決済や商品販売などに対応しやすい新システムの開発を促す。銀行最大のコスト部門に切り込み、収益力の改善をめざす。

勘定系と呼ばれる銀行の基幹システムは顧客の口座管理や送金、資金決済など中核業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン