/

北海道東川町、国の給付金10万円先払いの融資制度

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の一律10万円給付に関連し、北海道東川町は28日、希望する町民を対象に先払いする融資制度を始めた。町民が給付金を受け取るのは早くても5月下旬。生活費などを早急に必要としている町民に対し、無利子、手数料なしで金融機関が融資する。

同日の臨時町議会で関連の2020年度補正予算が成立した。融資金は金融機関に町が手数料込みで償還する。希望者は町役場で手続きをすれば、東川町農協か北央信用組合の口座に世帯分の給付金が翌営業日に入金される。

同町は「新型コロナが直撃した自営業やフリーターなど生活に苦労している人の助けになれば」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン