飛べぬ地方空港 民営早々にコロナの試練

2020/4/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国や地方自治体から運営を委託された地方の民間空港が新型コロナウイルス感染拡大で試練に直面した。日本政府観光局によると、3月の外国人観光客は前年同月比9割減った。空港運営の民営化は近年離陸し、インバウンド(訪日外国人)の拡大に伴い、旅客数は「巡航高度」に向けて順調に上昇していた。コロナ禍で民営化計画の前提が崩れるなか、軟着陸を模索する。民の活力で難局を乗り切れるか。

「日韓関係悪化とコロナで、厳しい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]