/

神奈川県など営業継続のパチンコ店公表 都は公表なし

(更新)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、神奈川県は28日、県の休業要請に応じずに営業を続ける県内のパチンコ店6店舗を公表した。県が現地調査などを通じて休業していないことを確認した。うち1店舗は公表後に休業した。黒岩祐治知事は同日の記者会見で「多くのみなさんが休業要請に応じている。残されたパチンコ店も応じてほしい」と述べた。

休業要請に応じない店舗の公表は、改正新型インフルエンザ対策特別措置法45条に基づく措置。大阪府が24日に公表したほか、兵庫県も公表に踏み切っている。

公表された店舗は、いずれも横浜市のアマテラス、スロットステラ横浜店、JUMBO、ピーファン六浦店と、川崎市のオークラ武蔵中原店。

県は今後、休業が確認できた場合には、ホームページでの掲載を削除する方針だという。

群馬県の山本一太知事も28日の記者会見で、休業要請に応じなかったパチンコ9店舗の名前を公表した。9店舗は、634ガーデン、じゃらん6342、パチーノアヤックス(いずれも前橋市)、ニューセブン富岡店(富岡市)、JP-7館林店、ビュートン館林(いずれも館林市)、トーエイプラザ、じゃらん6343(いずれも桐生市)、パーラーニューフレンド(渋川市)。

茨城県の大井川和彦知事も28日の記者会見で、営業自粛要請に応じない県内のパチンコ店1店舗の店名を公表した。県は同日、営業を続けている別の30店舗に文書で休業を要請。応じない場合は5月1日にも店名を公表する方針だ。

公表したのは古河市のJP-7古河店。県は24日、千葉や埼玉との県境付近の11市町を対象に、営業していた15店舗に文書で休業を要請。14店舗はその後、休業した。30店舗は残りの33市町村に所在する。

一方、東京都は28日、都民らから営業しているとの情報が寄せられたパチンコ店156店舗について、同日時点で営業を続けている店舗がゼロになったと明らかにし、名称の公表は見送った。都内にはまだ約600店舗があり、28日午後5時時点で少なくとも4店舗が営業を続けているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン