/

この記事は会員限定です

ブラジル大統領の求心力低下 主要閣僚離反相次ぐ 通貨安止まらず

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】南米の経済大国ブラジルでボルソナロ大統領の求心力が低下している。新型コロナウイルス対策や汚職捜査を巡る対立で主要閣僚が相次ぎ政権を去った。経済優先を貫く大統領に対し、外出禁止などの独自の抑制策を進める各州の知事も批判を強める。累計感染者と死者の数はいずれも中南米最悪の水準で、通貨や株の下げが止まらない。

通貨レアルの対ドル相場は27日、1ドル=5.65レアルで取引を終えた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン