/

宮城知事、9月入学を提案 17県知事のウェブ会議

宮城県の村井嘉浩知事は28日、17県知事で構成する「日本創生のための将来世代応援知事同盟」のウェブ会議で、学校の入学や始業時期を4月から9月にすることを提言した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休校が続くなか、「思い切って考えるタイミングではないか」と訴えた。

宮城県の村井知事は9月入学制の導入を訴えた(28日、宮城県庁)

村井知事は27日の定例会見で「欧米では9月入学が一般的。入学や始業を9月にずらすのも一つの方法だ」と発言していた。同知事はウェブ会議で「開校が遅れれば学力差が日本全体で出てくることを危惧している」と話し、国へ全国知事会を通して9月入学制の導入を求めるべきだとした。

滋賀県の三日月大造知事は「我々から強く問題提起をする必要がある」とし、知事同盟による緊急メッセージには「9月入学制の導入を含め抜本的な対策の検討を政府に要請する」ことが盛り込まれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン