/

この記事は会員限定です

多発性硬化症、繰り返す再発 学業を断念

中田郷子さん(1) NPO法人MSキャビン理事長

[有料会員限定]

看護師を目指し大学に通っていた1993年春、授業中に左肩の感覚が鈍いことに気づいた。「寝違えたか」と思う程度の症状は数日中に消え、次は左手の指3本に同じ感覚が現れた。

数カ月前に交通事故を起こし、けがは完治していたものの後遺症を疑い、脳神経外科を受診。検査で異常はなく、指のにぶい感覚も数日で消えた。気楽なことにそれきり忘れていた。

そのまま大学生活を満喫していたその夏、首を曲げると両足がビリビリす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン