時代の空気丸ごと記す 速水健朗氏が選ぶ3冊
山内マリコの美術館は一人で行く派展 山内マリコ著

2020/4/30 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小説家による美術展めぐりエッセイ。隔週雑誌の連載と新作、7年分をまとめたものだ。

アートは記号、国際的ビジネスマンたるもの絵の解読も"教養"とされるような昨今の真逆を行くアートガイドが本書。

素直に作品の良し悪(あ)しに触れるエッセイより、そうでない回が印象的。著者は、置かれたソファが作品なのか設備なのかすら読み取れない展覧会に冷や汗をかき、スマホ撮影OKの展覧会における監視員の態度と作家性につ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]