/

データサイエンティスト 企業の6割「採用目標届かず」

データ分析の専門職であるデータサイエンティストの採用を巡り、目標人数を確保できない企業が6割を占めることが一般社団法人、データサイエンティスト協会(東京・港)の調査でわかった。データサイエンティストを求める企業が増える一方、人材が不足している現状が浮き彫りとなった。

過去1年間でデータサイエンティストを採用しようとした企業に目標としていた人数を確保できたかどうかを聞くと「確保できなかった」「どちらかといえば確保できなかった」との回答が合計で58%にのぼった。「確保できた」との回答は17%にとどまった。

今後3年間でデータサイエンティストを増員予定の企業に増やしたいタイプを聞くと「ビジネスの課題解決ができる人材(データマーケターなど)」が最多の40%に達した。次いで「データ収集・加工やシステムの実装・運用ができる人材(データエンジニアなど)」(36%)、「人工知能(AI)などの知識を駆使し、統計ソフトなどで専門的分析ができる人材(データアナリストなど)」(24%)と続いた。

従来から求められているデータ解析の高度なスキルだけでなく、市場とのミスマッチを解決し、効果的に商品を売る能力のニーズが高まっていることが明らかとなった。

調査結果を受けて同協会の塩崎潤一調査・研究委員長は「データサイエンティストは企業にとって特別な存在ではなく、必須の人材になってきている」と分析した。

調査はランダムに選んだ従業員数30人以上の国内企業を対象に2019年8月21日~10月8日に郵送で実施した。283社から有効回答を得た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン